腱鞘炎やテニス肘の特徴的なグリップ( テニス上達への道 )

お盆休み終わりました。

毎年、お盆がすぎるとやや気温が落ちてきて、

体を動かすのには涼しくて、運動しやすい時期に入ってきます。

僕自身、 ON / OFF をしっかり取る方で、

ひたすらアクティビティに出かけておかげで体は真っ黒です。

親戚集まってキャンプしに、付知峡の方まで行ってきました。

親戚の中に、ひたすら僕に関わってくれるのが姪っ子がいます。

思春期なのによくかまって遊んでくれます♪

岡崎市の隣にある安城市というところに住んでいる僕の姪っ子はソフトテニス部で、

一年生入部して数ヶ月、

少し練習相手をして特訓したら、

すでに同学年では経験者グループでレギュラークラス定着するぐらいまで入れました。

(僕自身、中学・高校時代テニス部で夏休みはお盆休みがなくて、正月元旦以外は休みがないぐらいでブイブイやっていました。)

そんな姪っ子のテニス姿を一ヶ月ぶりに見たときに少し違和感を感じました。

それは初歩てきなところですが、

気になったのはこれ。

そう、グリップの持ち方です。(意外と大切なこと)

経験者の方が見て、わかる方はいると思います。

何がダメかというと、

親指の側面で握りこんでいるということ。(拇指内転筋を使って締めこんでしまっている。)

ゴルフ選手とかでも多いです。

これだと手のアーチは形成されず、手首の自由度が低下します。

手首はモビリティー(動き)を要する関節なので、

このグリップだと手首や肘、肩を痛めます。

実際に最近肩が痛くなってきたと姪っ子は行ってました。

いつもグリップがけずれるのは親指側面遠端に当たる部分だと確認。

(最近見た腱鞘炎の酷いそば打ち職人のクライアントさんでも写真と同じように麺棒を持っていました。)

”やってみよう”

では、実際にテニスのグリップや何か(ペン等でもいいです)を持って腕を挙げましょう。

1.拇指内転筋を使って、親指の側面で占めるように持って腕を挙げた時

2.包むように持って腕を挙げた時

どちらが挙上しやすかったでしょうか?

ほとんどの方が、だったと思います。

これは運動連鎖で説明がつきます。

また、親指の側面で占めるような握り方でしかできないような何か原因があるのか、

それともその握り方をし