手の動きと姿勢(グリップ競技・ゴルフ・テニスは特に影響)

前回(テニス上達への道)のブログの続き。

前回は普段、手の使い方により指の変化にどのような傾向があるのかを考え、

チェックする話ししました。

今度は手のひらに対してのチェックです。

まずは手のひらをめいいっぱい開いてみましょう。

僕の手ですがちょっと手の開きはアマいですが、 まずまずだと思います。

前回のように母指内転筋を優位にして、

テニスのグリッピングを行っている人はおそらく手が開かず、

こんな感じになっているのではないでしょうか。

特に親指と人差し指の間が開かない。

実は、この手の開きってとても重要なんです。

前回のブログでお話しましたグリップの握り方により、

腕や肩の運動連鎖や動きが変わってくるとお伝えしました。

ただそれが、痛みや肩周囲の動きだけの領域のお話ではありません。

実はこれは全身に影響します。

特に姿勢に大きく関わってきます。

手が開くことは、

赤ちゃんが発育発達の上でも重要なことです。

まず、赤ちゃんは生後間もない頃は仰向けに寝ています。

この時に全身を丸め、背中を屈曲し、

物を把持する能力が備わります。

屈筋パターン。

そして次に寝返りします。

これは体幹機能の協調性と強化につながります。(一般的に体幹筋力の強化のみにとらわれてしまうと、ここまで。)

さらに向上する必要があります。

続いてハイハイをします。

ハイハイは伸筋群の協調的パターンだと言えます。

この赤ちゃんのハイハイする時期に脊柱の前弯を作ります。 (スポーツで重要とされている体幹に大切な骨盤をたてる動き)

抗重力(重力にまけないための筋肉)筋力やアライメント姿勢を整えます。

立つために背骨を安定させて体重を支える筋肉や姿勢作る準備期です。

ハイハイをします。

その時に手の開きは体重を支えるために大切になります。