スノーボーダー症候群のチェックポイント〜体幹編〜

こんにちは。

愛知県岡崎市にあるボディケアジム、

Medical Condition(メディカル コンディション)の代表トレーナー安藤雅人です。

最近、運動連鎖にハマっています。

人間の動きって各関節をまたいで、繋がっているんだという事。

勉強し考えるほど面白いです!!

足の指から首の動きが変わったりするんです。

前に スノーボーダー症候群の動きの特徴 について書かせていただきました。

今回は スノーボーダー症候群のチェックポイント〜体幹編〜 についてお話しします。

ちなみにスケートボードやサーフィンでも同じことが言えます。

前回のおさらい・・・

この姿勢で体幹はすでに左側に回旋してよじれています。

そのため、右側に回旋しにくいという現象がおこります。

ということは、

グーフィーは滑りにくいということですよね。

これを念頭に、

レギュラースタンスを主体として書くので、

グーフィーの方は逆だと考えてチェックポイントを読んでください。

1.首の回旋可動域

胴体を正面に向けたまま、左右に向きます。

顎を肩に寄せるような感じですかね。

左右差がなければOKです。

が向きにくい人が多いです。

フリースタイルの場合、

レギュラーとグーフィーともにそつなくこなさないといけません。

しかし、首の可動域が悪いと進行方向に向けず、

身体が開いてしまいやすいです。

その結果、ジャンプ等で勝手に身体が開いてしまい、

安定したエアーが得れなかったり、

ターンの時にヒールサイドのエッジのブレがでます。

2.体幹の回旋可動域

座った状態で骨盤を正面に向けたまま、左右に向きます。