Blog

スノーボーダー症候群のチェックポイント〜下肢編〜

こんにちは。

愛知県岡崎市にあるボディケアジム、

Medical Condition(メディカル コンディション)の代表トレーナー安藤雅人です。

今回は前回の体幹編に続き、

スノーボーダー症候群のチェックポイント

〜下肢編〜です。

※基本レギュラースタンスで滑る方を基準にして書いています。

1.股関節の動きについて

体幹と骨盤をを正面に向けたまま、

緑色の→のように、

左右膝を内側と外側にスライドしてみます。

どちらがいきやすいですか?

左右差がなければOKです。

レギュラースタンスの方は、

赤色→方向のように、

右膝が内側、左膝が外側に倒れやすいです。

では、グーフィー方向は、

青色→方向のように、

右足が外側、左膝が内側には動きにくいという特徴があります。

2.足の動きについて

あと、もう一つ足に特徴があります。

特に最近流行りのスタイル、

内股でライディングする方に、

多く発生する体のポイント。

膝を倒していくと、

前足になる側の左側は、

スネが外側に倒れても、

母指球は地面から浮きにくい(図の①)。

よって、踏ん張りやすい。

しかし、

グーフィーを想定した場合、

ブーツ内で母指球が浮いている可能性がある(図の②)。

なぜなら、レギュラースタンスで

常に右足内股スタイルで踏ん張る傾向に多い方は、

足の内側にあるアーチが潰れてしまっている傾向があるから。

グーフィーでスネを立てた場合、

どうしても右足の母指球が浮いてしまう。

そのため、雪面で体重を支えることができず不安定な状態になる。

まとめると・・・

パフォーマンスを上げて、

体にストレスを与えず、

痛みを出さないようにするためには、

左右バランス良く、

どっちも同じような動きができることが最高!!

あと、この股関節〜骨盤の動きは、

先日のブログで書いた首の動きと密接な関係があります。

首の動きが悪ければ、

基本、トレーナーは首にアプローチするはずです。

でも、首をチェックすることは大切ですが、

むち打ち等ケガ以外で発生した日常生活による首の動きの制限は

実はそこを掘っても答えはない事が多いです。

首の動きもこの股関節の動きが改善しないと、

どれだけ首のケアやストレッチをしても、

すぐに戻ることがわかってきました。

これも運動連鎖ですね。

次回はスノーボード選手のチェックポイント〜膝から下編〜!!

【スポーツ選手・一般の方々と目標と感動を共有し、動きやすい体作りをサポートします。生涯現役生活と一生スポーツを目指しコンディショニングを行っています。岡崎市Medical Condition(メディカルコンディション)】

特集記事
記事一覧
アーカイブ
タグ
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
RSS Feed