セラピストへの生い立ち

こんにちは。

愛知県岡崎市にあるボディケアジム、 動きやすい体作りを提供させていただいています、

Medical Condition(メディカル コンディション)の代表トレーナー安藤雅人です。

前回の〜スキー、スノーボードの能力向上のカギ〜シリーズで、

欲しいシークエンスがまだ見つかってないのと、

動画ができていないので、

もう少しお待ちを!!

ということで内容を変更します。

先日、お世話になっている社長さんの紹介で来られたクライエントさん。 どこか見た事がある。

苗字が変わったといえど、名前を見て確信しました。 偶然にも幼馴染でした。

20年ほど会ってはいなかったので、

その間の穴を埋めるかのように話が盛り上がりました。

彼女の経験してきたことは、

僕の周りでも聞いた事のないような人生波乱万丈でした。

そんなこともあり、文章に起こして、

少し僕(安藤)自身過去を振り返りました。

目標は未来にあり、軸は過去にあるのかもしれません。

僕がこの道に入った動機は幼い時から患っている母の影響でした。

母は床に伏せた状態が続いていました。

僕が小・中学生のときには、

何度もは命のロウソクの灯火が消えようとしていた時期があります。

影で雅人少年は何度も泣きました。

三者懇談は歳の離れた姉か、

おばぁちゃんが来てくれていました。

卒業式、入学式、授業参観はPTA会長の父が来てくれていました。少しこころ強かった。。。

高校時代は部活に明け暮れて、

ウインブルドンに本気で行くつもりで練習に励んでいました。

人一倍、練習すればきっと行けると思い込んで、

ひたすら練習後に走り込んでいました。

その結果、

テニスはレギュラーになれたものの、

ウインブルドンにはほど遠かった。

しかし、努力は裏切りませんでした。

運動強豪校の中で長距離走ではクラストップ。

走る能力は上がっていました。

結果は違うところにでました(笑)

高校卒業時の進路を考えた時に、

本当に必要なことは何かと、ふと考えました。

僕にはウインブルドンから違う目標に変