Blog

睡眠と身体について。

Wednesday, February 10, 2016

 

 こんにちは。

 

愛知県岡崎市にあるボディケアジム、

 

Medical Condition(メディカル コンディション)の代表トレーナー安藤雅人です。

 

 

前回の 〜スキー、スノーボードの能力向上のカギ〜 シリーズのトレーニング編でしたが、

 

動画ができていないので更新が遅れています。

 

何度も予告通り行かず、

 

もう少しお待ちを!!

 

ということで内容を変更します。

 

 

 

今回は睡眠身体について。

 

睡眠と身体(ここでは運動器の筋肉や骨等)というのはとても関係すると臨床の中で思います。

 

僕のケアを受けていただくとわかると思いますが、

 

開始15分ぐらいでかなりマブタが重くなってきて、

 

目が充血し眠くなってきます。

 

これは交感神経優位になっている方や筋肉が全身的に硬くなってきている方が多いです。

 

クライエントさんの中で『最近、寝れない。』という方がいらっしゃいました。

 

僕の中で『寝れない。』というのは精神的に、

 

だいぶ追い詰められていると判断しています。

 

このような訴えは特に 女性 が多いかと思います。

 

来院されるのが女性が多いということもありますが。。。

 

この『寝れない。』という症状が続くと、

 

人間は精神的な疾患をきたし易い傾向にあるかと思い、

 

僕は睡眠欲を基準にすることがあります。

 

 

ケアポイントとして、

 

一つ目は交感神経から副交感神経へ転換操作。

 

二つ目は身体の筋肉の緊張を緩めること。特にこの時期は冷え易い足部周辺。

 

この二つが合致してくると途端に眠くなってきます。

 

 

 

デューク大学(America)のスタディ。

 

http://www.dailymail.co.uk/health/article-2528920/Women-DO-need-sleep-men-Multi-tasking-means-brains-longer-recover.html

 

睡眠が不足すると肉体的・精神的にもたらす影響が 男性 よりも 女性 の方が高い!!

 

睡眠時間にすると男性よりも 20分 ほど余分に必要。

 

心臓病や脳卒中、うつ等などのリスクが男性以上に高まり、

 

さらに身体の炎症や痛みも改善しにくい傾向にあるとのこと。

 

朝方の女性の起こし方には、

 

気をつけないといけないことが科学的に証明された感じかな。。。

 

ただ、寝すぎも危険です。

 

寝すぎのケースはまた今度報告したいと思います。

 

では、動画作成に取り組みます。

 

 

 

【スポーツ選手・一般の方々と目標と感動を共有し、動きやすい体作りをサポートします。生涯現役生活と一生スポーツを目指しコンディショニングを行っています。岡崎市Medical Condition(メディカルコンディション)】

 

 

Please reload

特集記事

トライアスリート 韓国大会3位

September 20, 2018

1/9
Please reload

記事一覧

December 9, 2019

December 1, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload