Blog

スキー、スノーボードの能力向上の鍵 vol5

 

 

 こんにちは。

 

愛知県岡崎市にあるボディケアジム、

動きやすい体作りを提供させていただいています、

 

Medical Condition(メディカル コンディション)の代表トレーナー安藤雅人です。


 

 

前回は空中姿勢にフォーカスしました。

 

今回は、エアーからランディング期に必要になる機能について。

 

緑字の部分にフォーカスをします。※近々、先行動作についても書きます。

 

アプローチ期、

 

 

先行動作

 

 

キック期(通称:抜け)

 

↓

 

エアー期(空中姿勢)

 

 

ランディング期(着地)

 

 

バランスを保持能力に長けているといわれている部分は 股関節足関節

 

今回はバランスをとるために重要となる足関節についてフォーカス。

 

足首はバランスをとるために自由に動かないといけません。

 

足首を自由に動かすためにはインナーマッスルの筋力が必要不可欠です。

 

インナーマッスルが使われてしまうと足首の自由度は失われてしまします。

 

競技能力が高い選手には足指の力、

 

握力に特徴があります。

 

 

これは足の握力計です。

 

20〜29歳の一般男性の平均握力は14.6kg

 

あるプロ野球選手になると20.4kg

 

それがスノーボードトップ選手になるとなんと、30.3kg!!

 

というデーター。

 

さらに分析してみると、

 

あるところが発達している。

 

MRIで足の裏を覗いてみると異様に発達している筋肉、

 

 

足の裏にある短趾屈筋だ。

 

一般正常人の短趾屈筋の横断面積はこれぐらい。

 

横断面積 198.9m㎡

 

 

 

トップライダーの短趾屈筋の横断面積はこれぐらい。

 

横断面積 282.1m㎡

 

これまた大きく発達している。

 

 

次回は、なぜこれらの筋肉が必要になったのか解説をします。

 

 


【スポーツ選手・一般の方々と目標と感動を共有し、動きやすい体作りと健康をサポートします。生涯現役生活と一生スポーツを目指しコンディショニングを行っています。不妊症や不育症の方にも結果を出しています。愛知県岡崎市Medical Condition(メディカルコンディション)】

 

 

Please reload

特集記事

トライアスリート 韓国大会3位

September 20, 2018

1/9
Please reload

記事一覧

December 9, 2019

December 1, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload