Blog

身体からメンタルのコントロール vol3

Wednesday, January 20, 2016

 

 こんにちは。

 

愛知県岡崎市にあるパーソナルボディケアジム、

 

Medical Condition(メディカル コンディション)の代表トレーナー安藤雅人です。

 

 

 

最近、スポーツ現場で見直されているルーティンワーク。

 

プレーに入る前に、習慣化したとある作業して、

 

・集中力高める

 

・リズムをとる

 

・気持ちを安定させる

 

等...

 

五郎丸選手の活躍以来より一層メディアで取り上げられ流行っていますね。

 

さらに、そのポーズや仕草が身体的にいいと、

 

 医科学的に証明されたものだとなおさら有効だと思いませんか?

 

 

 

 

前回、 身体からメンタルのコントロール vol2 でお伝えした内容のメカニズムです。

 

うな垂れたポーズを取った群と、

 

バンザイポーズを2分間続けた群

 

この両群には血中ホルモンに変化がありました。

 

 

一つ目はテストステロンの変化。

 

力強いポーズを取った群はテストステロンが高い値↑をしめしています。

 

逆に力弱そうなポーズを取った群はテストステロンが低い値↓をしめしています。

 

テストステロンは、

  • 筋力アップや行動力、積極性を高める。

  • 最近の研究では分泌により加齢臭の減少効果がある。

  • 体幹の屈曲性を高めると逆にテストステロンの減少につながる。

ということは、トレーニング前にガッツポーズをとると、

 

筋力がより効率的につく可能性があります。

 

さらに気持ちが前向きになる!!

 

 

 

 

 二つ目は、コルチゾールの変化。

 

 

力強いポーズを取った群はコルチゾールが低い値↓をしめしています。

 

逆に力弱そうなポーズを取った群はコルチゾールが高い値↑をしめしています。

 

  • コルチゾールはストレスが加わると分泌されるホルモン。

  • 分泌される量によっては、血圧や血糖レベルを高める。

  • 分泌量が多いと免疫機能の低下や不妊をもたらす。

  • 海馬に影響するため、記憶力の低下。 

コルチゾールの分泌低下は、

 

身体に加わるストレス量が減ったことを表します。

 

 

 

究極のポーズはこれですよ!!

 

元気を貯めるポーズ!!

 

 

ドラゴンボールの悟空は理にかなった戦い方をしている!!

 

ということが言えるのかもしれません(笑)

 

 

次は、メンタル面からスポーツ競技への影響 について書きます。

 

 

 

 

●バックナンバー●

身体からメンタルのコントロール vol1

身体からメンタルのコントロール vol2

 

 

 

 

【スポーツ選手・一般の方々と目標と感動を共有し、動きやすい体作りをサポートします。生涯現役生活と一生スポーツを目指しコンディショニングを行っています。不妊症や不育症の方にも結果を出しています。愛知県岡崎市Medical Condition(メディカルコンディション)】

 

 

Please reload

特集記事

トライアスリート 韓国大会3位

September 20, 2018

1/9
Please reload

記事一覧

November 16, 2019

November 7, 2019

October 29, 2019

October 22, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload