寝返り動作の重要性

愛知県岡崎市にあるボディケアジム、 スポーツ選手や働く人へ動きやすい体作りを提供させていただいています、

Medical ConditioN(メディカル コンディション)の代表トレーナー安藤雅人です。

今回は腰痛の特徴について面白い見解を発表している番組があったので紹介します。

先日のためしてガッテン。

腰痛と寝返りの関係性について、

東京大学の医療チームが面白い論文を発表していましたね。

腰痛がひどい方の特徴は、

寝返り動作が少ないことがあげられます。

ということは寝相が良い人は腰痛になりやすいということが言えるそうです。

腰痛がない方は平均寝返り回数が24回。(こんなに動いているのかと意外でした。)

腰痛がある方はそれよりも寝返り回数が下回るそうです。

では、

なぜ寝返りが少ないとなぜ腰に負担がかかるのか。

計算では仰向けの場合、体重の4割の重さが腰にかかっていることになるようです。

この状態が長く続くと、

腰椎の後ろ側に負担がかかります。