Blog

ショルダーモビリティ Step 7 ショルダーリリース 肩甲骨と肩関節可動域向上エクササイズ

肩周りの硬さを改善するための動作・姿勢修正エクササイズ。 目的:ストレッチやエクササイズにより、肩のストレスを軽減させて、障害予防と動きの改善を行う。

ターゲット:ショルダーモビリティテストと同様の動きで可動域を改善していく。肩関節と肩甲骨の可動域制限を改善させる。

ポイント:脊柱の後方でタオルや棒を把持する。下方に引っ張る時は上方の腕をリラックス、情報に引っ張る時は下方の腕をリラックスさせる。背中で手がつなげるような可動域が出てこればOK。※プッシュオフエクササイズ同様ショルダーリリースエクササイズは肩の痛みとして出やすいため無理は禁物。

回数:5回×2セット 深呼吸を行う。

肩関節や肩甲骨の可動域を向上させるエクササイズ(ショルダーモビリティー)

Step 7 ショルダーエクササイズ 肩関節と肩甲骨可動域

このショルダーリリースは肩関節の機能を向上させるための仕上げとなるケア方法です。

Step1から順次行わないと怪我のもとになるので注意しましょう。

トレーナーの指導のもとでポイントをつかんだ上で、各エクササイズを行いましょう。

次は体幹エクササイズについてです。

【スポーツ選手・一般の方々と目標と感動を共有し、動きやすい体作りと健康をサポートします。生涯現役生活と一生スポーツを目指しコンディショニングを行っています。愛知県岡崎市Medical Condition(メディカルコンディション)】

特集記事
記事一覧
アーカイブ
タグ
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
RSS Feed