Blog

海外で活動するサーファーのボディケア

Monday, April 24, 2017

 

 

  愛知県岡崎市にあるボディケアジム、

スポーツ選手や働く人へ動きやすい体作りを提供させていただいています、

 

Medical ConditioN(メディカル コンディション)の代表トレーナー 、

 

コンディショニング兼ボディケア担当のMasaです。

 

 

 

 

 今回は僕らが構えるコンディショニングルームに来られている、

 

地元アスリートの中の競技サーファーの方について。

 

  ※実際のサーフィン模様

 

 

 先日紹介した大場選手のスポーツクライミング同様、

 

サーフィンも2020年の東京五輪での正式種目になりました。

 

サーフィンは元々はスノーボード同様、

 

スポーツ競技というよりも遊びの要素が強いかと思われます。

 

また、波の形状やタイミング、大きさ、天候等もあり、

 

自然の影響を受けます。

 

そのため、さまざまなところでコンテストもありますが、

 

なかなかオリンピックのような大きな大会の正式種目になりにくかったと思います。

 

 

 

 先日、常夏のバリ島で、

 

Medical ConditioNからコンテストに挑んだ競技サーファー。

 

 来院当初は練習で酷使した状況で来院されたため、

 

体にはガタつきがあり、膝痛や腰痛をはじめ全身のいろんなところから痛みが出ていました。

 

 

 

 サーフィン競技特性上、

 

体の使い方が常に左右非対称であるがために、

 

全身のバランスが崩れやすい。

 

また、競技の相手が自然の波なので、

 

動きや形状に合わせれるような体でないといけません。

 

このあたりも他のスポーツと違うところでしょうか。

 

 

 

いずれにしろ、どの競技も余分な筋肉の緊張を取り除き、

 

左右同じように動けるようにコンディショニングを行うと、

 

痛みや違和感が改善されパフォーマンスが向上します。

 

また、新たなる怪我の予防にもなります。

 

実際にこの競技サーファーの方には、

 

痛めていた膝や腰には特に治療は行わず、

楽に左右対称的に動けて、体幹の軸を作るようなコンディショニングを行いました。

 

それだけで、痛みはなくなり競技能力が向上します。

 

競技から復帰する、能力をあげる、怪我の予防をする。

 

アスリートにとって 最も重要なことは ”左右対称にスムーズに動けること” だと思っています。

 

MA's method(マーズメソッド)は左右対称性にフォーカスしています。

 

それをベースとして、競技能力を伸ばすような競技に特化したトレーニングをすることで、

 

さらにパフォーマンスが向上していくでしょう。

 

 

 

 

 

 

 


【スポーツ選手・一般の方々と目標と感動を共有し、動きやすい体作りと健康をサポートします。生涯現役生活と一生スポーツを目指しコンディショニングを行っています。愛知県岡崎市Medical ConditioN(メディカルコンディション)】

 

 

〒444-0205

愛知県岡崎市牧御堂町水洗41−2

☎0564-73-6661

 

 

 

タグ:ホームページ作製

Please reload

特集記事

トライアスリート 韓国大会3位

September 20, 2018

1/9
Please reload

記事一覧

November 16, 2019

November 7, 2019

October 29, 2019

October 22, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload