Blog

糖尿病の方のダイエットと検査数値改善(食事療法編)

Wednesday, April 26, 2017

 

 

  愛知県岡崎市にあるボディケアジム、

スポーツ選手や働く人へ動きやすい体作りを提供させていただいています、

 

Medical ConditioN(メディカル コンディション)の代表トレーナー 、

 

コンディショニング兼ボディケア担当のMasaです。

 

 

 

 去年10月にファスティングのマスター資格を取りました。

 

それぐらいから食にますます興味があり、

Medical ConditioN のサービスの一環として、

 

食事に対しても指導させていただくことが増えてきました。

 

※ファスティングのディプロマ

 

ファスティングはメタボやダイエットやデトックス、

 

スポーツ等の怪我の治癒を高めるためにはとてもいいです。

 

しかし、ファスティングをするためには、

 

なんだか勇気がいるなぁ〜、

 

今一歩踏み出せない、

 

断食なんてしたことがなくて怖い、

 

という方は結構います。

 

 

 

そこで断食をせずにデトックスはできないかと考えました。

 

まず、調べたのは体のこと。

 

特に以下の3つのことについて調べました。

 

1、胃腸の消化活動と休息時間

 

臓器が働き出し消化酵素の働きが活発になる時間はいつだろう。。。

 

食事をするには最も適した時間あるはずだと思いました。

 

 

2、排泄のタイミング

 

体に溜まった食べ物のカスや毒素、老廃物、疲労物質などを排泄する時間っていつだろうと気になりました。

 

 

3、吸収と代謝のタイミング

 

栄養の補給と消化の時間に取り入れた食物をもとに、体内で細胞の代謝が行われる時間はいつだろうか。

 

 

これらの消化、排泄、吸収、代謝が一度に行われることはなく、

 

胃腸の中でもそれぞれ時間差があるはずです。

 

血流は全身に渡り相当疲労するはずなので、

 

一斉に行われることはないだろうと考えました。

 

 

消化、排泄、吸収、代謝については面白いことに、

 

調べてみると意外と通常認識とずれていることがわかりました。

 

 

さらに考えを深めるために、

 

僕が注目したのは海外文献や考えでした。

 

そして、みつけました!!

 

現代医学で解決できずに依然増え続けている、

 

糖尿病やガン、アレルギーに良い食事療法を!!

 

きっかけは、

 

1980年代の北米の医師たちによって考えられた自然健康療法からでした。

 

日常生活に取り入れやすく、簡単に行える。

 

これならファスティングのように、断食をする必要がない革新的な方法。

 

そこで試しました。

 

まずは僕からほぼ普段通りの食生活を送り、

 

一つの習慣を取り入れるだけです。

 

運動量は変わらず、

 

なんと2週間で体重が4kg落ちました。

 

続いて家族。

 

これまた2週間で1〜2kg落ちました。

 

そこでサービスに生かし、

 

提供させていただきはじめました。

 

驚きの結果を得ることができました。

 

次回は変化した糖尿病数値について紹介します!!

 

 

 

 

 

 


【スポーツ選手・一般の方々と目標と感動を共有し、動きやすい体作りと健康をサポートします。生涯現役生活と一生スポーツを目指しコンディショニングを行っています。愛知県岡崎市Medical ConditioN(メディカルコンディション)】

 

 

〒444-0205

愛知県岡崎市牧御堂町水洗41−2

☎0564-73-6661

 

 

 

タグ:ホームページ作製

Please reload

特集記事

トライアスリート 韓国大会3位

September 20, 2018

1/9
Please reload

記事一覧
Please reload

アーカイブ
Please reload