Blog

手術をする前に治療をオススメします!

 

 

  愛知県岡崎市にあるボディケアジム、

スポーツ選手や働く人へ動きやすい体作りを提供させていただいています、

 

Medical ConditioN(メディカル コンディション)の代表トレーナー 、

 

コンディショニング兼ボディケア担当のMasaです。

 

 

 

  今回は手術前治療の紹介をしたいと思います。

 

手術前治療とは、

 

手術への準備という意味ではなく、

 

手術を考える前に一度僕らの治療〜MA's method(マーズメソッド)〜受けてみてください。

 

それからでも遅くはないかと思います。

 

 

 

 

 

こんな方にオススメです。

 

◉病院で手術を勧められた

 

◉リハビリをしても痛みが取れない

 

◉スポーツ障害が長く続いている

 

◉鎮痛剤を服用し続けている

 

◉膝に痛みが出て水が溜まりやすい

 

◉病院に通院し続けている

 


このようなケースの方で相談に来られる方が増えています。

 

 

 

 

実例を出すと、

 

最近では以下のような症状で競技の継続が難しくなった方が来院されています。

 

◉社交ダンスの方の変形性膝関節症

 

◉マラソンランナーの膝前部痛症候群(AKP)、

 

◉サッカー選手のコンパートメント症候群

 

◉100m、200m短距離選手連続するハムストリングの肉離れ

 

◉ダンサーの方の肩甲骨が浮いてしまう翼状肩甲

 

◉スポーツインストラクターで仙腸関節障害があって仕事に支障をきたしている、

 

◉駅伝選手の原因不明の大腿部の痛み

 

これらはMRIやCTをとって原因がわからなかったり、

 

どれも整形でリハビリをしてたり、

 

接骨院で治療を受けていたが、

 

痛みが取れなかった方むしろ症状が悪化してしまった方でした。

 

中にはスポーツを継続することを諦めてしまっていた方もいました。(膝の手術まで薦められていたが踏みとどまった方

 

上記の方々は痛みが出ていた期間にもよりますが、

 

MA's methodによる治療を受けていただき、ほとんどが痛みや症状は取れて競技復帰ができています。

 

これらの症状の痛みや違和感を出している部分に原因が無いことがほとんどです。

 

同じように悩んでいるあなたも、

 

ひょっとしたら違う部分に原因があることがあるかもしれません。

 

(このメカニズムに関しては、次回のブログで書きますね)

 

 

 

例えば年齢からきたす関節の変形性があったとします。

 

手術して人工関節を入れたり、削ったりします。

 

人工的な異物が入ると上手に運動連鎖がでないことがあります。

 

メスを入れると、筋肉や皮膚に癒着が発生し、

 

その癒着と一生戦わないといけなくなります。

 

なので手術をする、諦める前に一度ご連絡をいただければと思います。

 

 

 

ただし、全ての症状を受け入れれるわけではございません。

 

医科学的に難しいケースや進行性のものはお断りする場合もございます。

 

その点、ご了承ください。

 

その場合は、信頼できる整形外科医の先生を紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 


【スポーツ選手・一般の方々と目標と感動を共有し、動きやすい体作りと健康をサポートします。生涯現役生活と一生スポーツを目指しコンディショニングを行っています。愛知県岡崎市Medical ConditioN(メディカルコンディション)】

 

 

〒444-0205

愛知県岡崎市牧御堂町水洗41−2

☎0564-73-6661

 

 

 

タグ:ホームページ作製

Please reload

特集記事

トライアスリート 韓国大会3位

September 20, 2018

1/9
Please reload

記事一覧

December 9, 2019

December 1, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload