3、モデルのような脚へ(靴の選定とハイヒールの高さについて)

愛知県岡崎市にあるボディケアジム、 スポーツ選手や働く人へ動きやすい体作りを提供させていただいています、

Medical ConditioN(メディカル コンディション)の代表トレーナー 、

コンディショニング兼ボディケア担当のMasaです。

これまで、

1、肉離れやスポーツ競技力を簡単にチェックするポイント

2、身体の不調を示す足底の硬さのチェックポイント

について書きました。

これまでざっくりまとめると、ふくらはぎと足の裏の硬さは、

あらゆる障害を生み、

そしてパフォーマンスの低下につながるということでした。

今回はタイトルからしてスポーツから少し離れますが、

日常生活やスポーツ、競技のヒントになればいいと思います。

まずはこちらの動画から。

ヒールが刺さってますよというところに注目!!

動画を見た感想はいかがでしたか?

北川景子さん、綺麗でしたね〜♪

・・・

じゃなく・・・

実際に北川景子さんが履くとヒールが刺さることはないとは思いますが、

高いヒールのある靴を履く方はたまに刺さることがあります。

そこに問題があります。

綺麗にヒールのある靴を履く人には特徴があります。

実はほとんど踵ではなく、

足の前側に体重を載せれる人が、

上手なヒールのある靴の履き方になります。

ここからが以前書いた内容の

1、肉離れやスポーツ競技力を簡単にチェックするポイント

2、身体の不調を示す足底の硬さのチェックポイント

につながってきます。

かかとが高いから疲れるとか、逆にかかとが低い方が楽だということではありません。

ヒールの高さを選ぶ基準があります。

何か木材や雑誌をかかとの下に入れてかかとの位置を高くし、

ふくらはぎの硬さをチェックします。

徐々に高さを低くしていきます。

すると一番ふくらはぎが緩む高さがあります。

それは必ずしも低いのが良いのではなくて、

個人差はありますがおおよそ3〜4cmが一番腓腹筋が柔らかくなる高さがあります。

これが立っていても疲れない高さとなります。