Blog

トップアスリートを目指す方は睡眠をとるべき!

Wednesday, June 21, 2017

 

 

  愛知県岡崎市にあるボディケアジム、

スポーツ選手や働く人へ動きやすい体作りを提供させていただいています、

 

Medical ConditioN(メディカル コンディション)の代表トレーナー 、

 

コンディショニング兼ボディケア担当のMasaです。

 

 

 選手がコンディションを崩す原因として、

 

比較的多いのが睡眠不足。

 

 

 

 先日、やっていたテレビ番組がきっかけて、

 

睡眠について調べてみました。

 

 

 睡眠負債。

 

睡眠をとらないと、徐々に睡眠不足が蓄積していくというもの。

 

細胞を傷つけ、生命を短くする可能性があるということ。

 

 

 

その中で特に面白かったのが、

 

シェリー・マーというアメリカの学者が、

 

スポーツと睡眠について興味深い発表をされています。

 

原著はこちら。

 


スタンフォード大学のバスケットボール部員11人ほどに、

 

アンケートを取ったところ、


平均6時間睡眠だった。


そこで、1日8時間ほど睡眠を1ヶ月とってもらったら、

 

スリーポイント成功率が68% → 77%

ダッシュ能力は平均16、2秒 → 15、5秒

 

とかなり向上した結果となった。

 

これはすごいことだ!!と正直思った。

 

 

 

また1週間睡眠を1時間伸ばしたら、


計算テストは11人全員が向上した。

 

そして、筋力の指標となる握力も向上していたそうです。

 

 

 

また、睡眠は損傷した細胞の修復させて、

 

免疫力も向上させるので病気や怪我をしにくく、

 

痛みが出づらい体作りには欠かせません。

 

 

 

ちなみに、サッカーのクリスチアーノ・ロナウドやメッシは10時間ほど寝るそうです。

 

10時間寝るのがいいかとはなんとも言えませんが。。。

 

前に見た文献では、

 

9時間以上の睡眠は心疾患や生活習慣病のリスクが向上するというのもあるので、

 

この番組で推奨されていたように7時間から8時間ほど睡眠時間を確保することを、

 

僕も推奨いたします。

 

競技力が伸びないと悩んでいる方、

 

あなたの睡眠時間は7時間から8時間ほど確保はできていますか?

 

私生活を見直す必要があるかもしれません。

 

 

 

睡眠負債については、

 

こちらのサイトからチェックできます。

 


ちなみに僕もチェックしました。

 

その結果がこちら。

 

 

 

僕の場合は、

 

睡眠時間は短いのですが、

 

寝つきも良く、

 

娘を寝かしつけているはずだが、ほとんど僕が先に寝てしまう。

 

そして、寝起きもカラッと起きれるかなと思っています。

 

しかしトレーナーも睡眠時間について見直さないといけないですね。
 

次回は、病と睡眠の関係について書きます。

 

 

 

 

 


【スポーツ選手・一般の方々と目標と感動を共有し、動きやすい体作りと健康をサポートします。生涯現役生活と一生スポーツを目指しコンディショニングを行っています。愛知県岡崎市Medical ConditioN(メディカルコンディション)】

 

 

〒444-0205

愛知県岡崎市牧御堂町水洗41−2

☎0564-73-6661

 

 

 

Please reload

特集記事

トライアスリート 韓国大会3位

September 20, 2018

1/9
Please reload

記事一覧

January 12, 2020

December 25, 2019

December 15, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload