抗酸化能力を上げるためのトレーニング法

愛知県岡崎市にあるボディケアジム、 あなたの夢の実現を全力でサポートする

Medical ConditioN(メディカル コンディション)のアスリートトレーナー・パフォーマンス向上担当のMatchです。

みなさん酸化や、抗酸化という言葉は一度は聞いたことがあると思います!

酸化とは簡単に言うと、エネルギーを作るときに使われた酸素が活性酸素というものに変化して、活性酸素が身体を錆びつかせてしまう現象をいいます。

酸化が進むと疲れやすくなったり、血管が硬くなって病気のリスクが高くなったりと悪影響を及ぼしたりします。

そこでうまく酸化と付き合っていくための運動方法を今回はお知らせします!

まずは有酸素運動です。

最大酸素摂取量の50-60%ぐらいのレベルでの強度で20-30分ほど運動するのが良いとされています。どのぐらいの強度かというと、息が少し切れる程度のペースです。

強度が弱すぎると抗酸化能力を上げるのに必要な活性酸素が発生しなかったり、逆に強すぎると活性酸素が発生しすぎてしまいます。

次に筋トレです!

筋トレに関しては、高重量でやるのではなく、自重や軽めの重さで行うと良いとされています。

加えて、一回