Blog

MCのクライエントさん来院特徴分析をしてみた

Wednesday, August 9, 2017

 

 

  愛知県岡崎市にあるボディケアジム、

スポーツ選手や働く人へ動きやすい体作りを提供させていただいています、

 

Medical ConditioN(メディカル コンディション)の代表トレーナー 、

 

コンディショニング兼ボディケア担当のMasaです。

 

 

 

 今週も12日までがんばります。

 

今日は体のコンディショニングで忙しかったです。

 

トップシーズンに入っている競技も多いため、

 

スポーツ選手の皆さんは疲労が蓄積している傾向にあります。

 

こんな時は10〜15分ほど、

 

快適に動ける環境で楽に動ける運動強度で運動してみてください。

 

 ※例えば、冷房が聞いたスポーツジムの中で、自転車を楽にこいでみる。

 

アクティブレストと行って血液循環が促され、

 

筋肉の緊張も緩和されて疲労除去にはとても有効的です。

 

 

 

 

今日気づいたこと。

 

地元である岡崎市のクライエントさんが明らかに少ないということ。

 

多分、珍しいことだと思います。

 

一般的には危機的状況。

 

MCはそのかわり近隣の安城市や幸田町もしくは東郷や名古屋市、

 

三好市から高速道路を通ってで来られています。

 

初めてかかったという素人クライエントさんよりも、

 

いろんなところをにかかってきた玄人クライエントさんが多いということです。

 

これも珍しいことです。

 

素人のクライエントさんを対象にケアする接骨院や整体院は本当に多いです。

 

また、整形外科や接骨院等にかかったことがない患者さんは、

 

人口の7割ほどいると言われています。

 

 

 

今回来院された玄人クライエントさんの中にはトップリーグのチームに所属し、

 

有名トレーナーも数人所属しているチームの選手もいます。

 

それなのに来院してくれるのは本当に本当にありがたいことだし嬉しいです。

 

 

 

また、一般的に人の流動は田舎よりも都会でモノやサービスを探し購入する傾向があります。

 

それはなぜか。

 

都会の方が多く選べて、たくさんあると思う人間の心情が働くから。

 

しかし、珍しく逆流が起きている。

 

都会から田舎のMCまで来院してくださいます。

 

なぜか。

 

それだけ悩みが深いということだと思います。

 

今日の悩みはこんな感じ。

 

●変形性膝関節症で膝に水が溜まり、正座ができない方。

 

●恥骨結合炎でチームトレーナーに相談したが改善されず競技継続が難しかった方。

 

●膝の前面痛で整形外科に通っていたが症状が変わらず、マラソンができなくなってしまった方

 

●競技パフォーマンスが向上しない方。

 

 

僕のやりたかったことが徐々にできるようになってきました。

 

痛みや自分の体に向き合える真剣な人で、

 

医療機関にかかり、どこに行っても治らなかった。

 

自分の体に向き合える方は治ります。

 

しかし、向き合えない方はどこに行っても改善しないと思います。

 

 

※携帯電話にこんな表示が・・・冷やしたら使えるようになりました。

 

 

今日、車のダッシュボードの上に置いてしまった僕のiPhoneのように。

 

気持ちがアツくなりすぎて、

 

高熱でうなされない程度で、

 

難しい症状や痛み、お悩み改善ができるように今後ともがんばっていきたいと思います。

 

 

 

 

 


【スポーツ選手・一般の方々と目標と感動を共有し、動きやすい体作りと健康をサポートします。あなたの専属パーソナルトレーナーとして生涯現役生活と一生スポーツを目指しコンディショニングを行っています。怪我や痛みからの復帰・改善を専門としているアスレティックトレーナーです。スポーツ専門トレーナーとこの地から世界へ本気で目指しているアスリートを応援します。愛知県岡崎市Medical ConditioN(メディカルコンディション)】

 

 

《メニュー》

スポーツコンディショニング、スポーツ整体、スポーツマッサージ、パーソナルトレーニング、ランニングやマラソンの動作分析、インソール(足底板)、大会帯同、専属トレーナー

 

 

 

 

〒444-0205

愛知県岡崎市牧御堂町水洗41−2

☎0564-73-6661

 

 

 

Please reload

特集記事

トライアスリート 韓国大会3位

September 20, 2018

1/9
Please reload

記事一覧

January 12, 2020

December 25, 2019

December 15, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload