Blog

左の法則とコツ

Friday, August 11, 2017

 

 

  愛知県岡崎市にあるボディケアジム、

スポーツ選手や働く人へ動きやすい体作りを提供させていただいています、

 

Medical ConditioN(メディカル コンディション)の代表トレーナー 、

 

コンディショニング兼ボディケア担当のMasaです。

 

 

 

 お盆前の最終営業日は学生のみでした。

 

これまた地元以外で他県や名古屋方面の選手も来られていました。

 

遠いところありがとうございました。

 

電車利用の方も多いですが、

 

高速道路を利用してMCまで来院される人もいると思います。

 

昨日の朝のニュース番組で、

 

こんなことがやっていました。

 

高速道路を走る上でどこの車線が一番早いか。

 

10年前にも同じような内容の番組を見たことがあります。

 

 

今も昔も変わらず、

 

どうやら一番左を走り続ける方が早いそうです。

 

追い越し車線に近づくほど、速度は遅くなる。

 

その差も時速にして平均10kmほど違うそうです。

 

ガソリンの消費を少なくし省エネで二酸化炭素排出を軽減させて、

 

少しでもエコロジーを心がけ地球を大切にしていきたいものですね。

 

 

 

 実は、タイトルにもあったように僕の中でも左の法則ってあるんです。

 

”この時期、冷たいものは左のものを買う!”

 

同じように並んだ商品の場合、

 

左の方が選ばれにくいです。

 

なのでスーパーマーケットで古くなったものを商品陳列する場合、

 

売れるように古いものを右に持っていく傾向があります。

 

 

例えば先日書かせていただいたスポーツドリンクについて。

 

スポーツドリンクは夏の暑熱対策、

 

脱水症状や熱中症を予防するのに適しています。

 

その上で競技や運動強度によってドリンクの使い分けが必要になってきます。

 

それと、競技パフォーマンスを維持させる飲み方もお伝えさせていただきました。

 

”競技能力を落とさないようにするためにも水分補給は重要です。”

 

”夏の給水ドリンク早見表”

 

この時期は売れ筋の商品なので横並びで同じ商品がならんでいます。

 

自動販売機でスポーツドリンクを購入する場合も

 

同じ商品なら左のもの!

 

 

 

コンビニエンスストアなら右あきの扉が多いのでなおさらです。

 

右利きが多く人は遠いものより近いものを選ぶ習性があります。

 

実際にデータにも出ていたと思います。

 

 

 

あと、左の法則としては、

 

怪我したときにテーピングや包帯を巻くときに左回り(左巻き)で巻き上げてあげると、

 

治りやすいと聞いたことがあります。

 

どこに対して左回りかというと、

 

地球の重力方向に対して左回り。

 

怪我した人から見て左回りです。

 

どうやら渦巻きと同じ方向に力が加わるように、

 

自然の摂理に沿った”コリオリの力”が働くからだそうです。

 

すると自然治癒力も向上するとか。

 

ということは、コリオリの力が逆方向に働く南半球では、

 

右巻の方が治癒能力は高まるということなのかな?
 

 

 

 

 

 

 


【スポーツ選手・一般の方々と目標と感動を共有し、動きやすい体作りと健康をサポートします。あなたの専属パーソナルトレーナーとして生涯現役生活と一生スポーツを目指しコンディショニングを行っています。怪我や痛みからの復帰・改善を専門としているアスレティックトレーナーです。スポーツ専門トレーナーとこの地から世界へ本気で目指しているアスリートを応援します。愛知県岡崎市Medical ConditioN(メディカルコンディション)】

 

 

《メニュー》

スポーツコンディショニング、スポーツ整体、スポーツマッサージ、パーソナルトレーニング、ランニングやマラソンの動作分析、インソール(足底板)、大会帯同、専属トレーナー

 

 

 

 

〒444-0205

愛知県岡崎市牧御堂町水洗41−2

☎0564-73-6661

 

 

 

Please reload

特集記事

トライアスリート 韓国大会3位

September 20, 2018

1/9
Please reload

記事一覧
Please reload

アーカイブ
Please reload