Blog

ラジオ体操の特性

Thursday, August 24, 2017

 

 

  愛知県岡崎市にあるボディケアジム、

スポーツ選手や働く人へ動きやすい体作りを提供させていただいています、

 

Medical ConditioN(メディカル コンディション)の代表トレーナー 、

 

コンディショニング兼ボディケア担当のMasaです。

 

 

 

 本日でお盆休みも終わり、

 

小学生から高校生までは憂鬱になるころではないでしょうか。

 

自宅、近所でもラジオ体操が始まりました。

 

僕は毎年のように夏はちびっこたちと一緒に参加しています。

 

そう、一人で。。。

 

今年は娘も参加しているため、小学生の中に混ざっても比較的プレッシャーはなかったです。

 

 

僕は夏のラジオ体操だけに限らず、

 

常日頃6:30からNHKで放送されるテレビ体操もやっています。

 

 

 

 

ラジオ体操は戦前から行われていて歴史も古いです。

 

第一、第二第三まであります。

 

 

ラジオ体操第一は、

 

子供から高齢者までできるような構成になっているそうです。

 

これは、いわゆるダイナミックストレッチです。

 

ダイナミックストレッチは朝目覚め固くなった体を刺激するのにはとても効率的かつ有効です。

 

 

ラジオ体操第二は、

 

第一よりハードでトレーニング要素があり、体を筋力強化する意味合いがあるそうです。

 

バリスティックストレッチの要素が入って、

 

反動や伸長反射が体の機能として使われてきます。

 

スポーツでいう仕上げの段階で使うストレッチですね。

 

 

ラジオ体操第三は見た事ありますが、

 

ハードすぎてとてもやれるものではありません。

 

言葉になりません。(体操選手じゃないとできないんじゃなかな・・・)

 

柔軟性と筋力、体のバランスや協調性が必要になってきます。

 

第三はラジオでは伝えることが難しく、

 

普及せず放送を短期間でやめてしまったそうです。

 

 

 

うんちくで終わらずにここから、

 

トレーナーマサからのポイント!!

 

昔からほとんど変わらないないラジオ体操。

 

ラジオ体操はしっかり順序立てて大きい筋肉から無理なく動かします。

 

最初は思っていた動作と違っていることも多いので、

 

視覚的補正を入れるためにもテレビ体操から始めてもいいかと思いいます。

 

チェックポイントをしっかりと教えてくれます。

 

意外と我流になっていたりします。

 

第一も第二も両方とも、基本”伸び”の要素があらゆるところで入っています。

 

伸びは抗重力筋(重力に打ち勝つ筋肉)を刺激し、

 

姿勢を整えます。

 

”伸び”の重要性は以前のブログでもお伝えさせていただきました。

 

伸びをすることによって猫背を予防し筋肉の緊張を緩和し、

 

腹部の圧迫からによる内臓器官も正常に働きやすくなります。

 

明日からでもラジオ体操をしましょう。

 

スポーツ選手のルーティンワークは、

 

どの競技でも今や当たり前のように行われています。

 

毎日続けることで変調や不調を感じることができます。

 

また、自己調整能を活性化させます。

 

ラジオ体操第一、第二をやってみてください。

 

まずは第一だけでもいいと思います。

 

やることで、

 

あなたもいいことがあるかも!!

 

 

子供会に関係ないのに、

 

小学生同様にお菓子をもらって喜んでいるうちの娘。

 

保護者の方の気遣いに感謝です。

 

 

 


【スポーツ選手・一般の方々と目標と感動を共有し、動きやすい体作りと健康をサポートします。あなたの専属パーソナルトレーナーとして生涯現役生活と一生スポーツを目指しコンディショニングを行っています。怪我や痛みからの復帰・改善を専門としているアスレティックトレーナーです。スポーツ専門トレーナーとこの地から世界へ本気で目指しているアスリートを応援します。愛知県岡崎市Medical ConditioN(メディカルコンディション)】

 

 

《メニュー》

スポーツコンディショニング、スポーツ整体、スポーツマッサージ、パーソナルトレーニング、ランニングやマラソンの動作分析、インソール(足底板)、大会帯同、専属トレーナー

 

 

 

 

〒444-0205

愛知県岡崎市牧御堂町水洗41−2

☎0564-73-6661

 

 

 

タグ:ホームページ作製

Please reload

特集記事

トライアスリート 韓国大会3位

September 20, 2018

1/9
Please reload

記事一覧
Please reload

アーカイブ