Blog

陸上100mのインカレ選手が挨拶に来てくれました。

Thursday, September 14, 2017

 

 

  愛知県岡崎市にあるボディケアジム、

スポーツ選手や働く人へ動きやすい体作りを提供させていただいています、

 

Medical ConditioN(メディカル コンディション)の代表トレーナー 、

 

コンディショニング兼ボディケア担当のMasaです。

 

 

 

 日本学生陸上競技対校選手権大会(インカレ)は歴史的な記録がでましたね。

 

日本陸上短距離100mで、

 

伊東浩司が1998年に出した10,00秒を、

 

桐生祥秀選手が9,98秒と記録を19年ぶりに塗り替えました。

 

本当にすごいことです。

 

高校3年の時に記録を出して以来、

 

4年間苦しんだ期間があったと新聞記事に記載されていましたね。

 

怪我や競技の伸びなやみ等があり、多くの葛藤があったと思います。

 

その陰に、後藤トレーナーの支えがあったからこそだと思います。

 

後藤トレーナーとは講師として行っていた学校で一緒で、

 

毎年、アスレティックトレーナー3、4人集まって、

 

忘年会を市内行います。

 

お茶目で素敵な先生です。

 

 

 

今回、100m短距離走で桐生選手と同じ舞台に立ったインカレ出場選手が、

 

学生最後の大会を終えたということで、

 

インカレがあった福井のお土産を持って、

 

わざわざ名古屋から挨拶しに来院してくれました。

 

※写真の許可は得ています。

 

 

以前、ブログにのせさせてもらった児島くん

 

彼のトレーナーとして関わるようになってちょうど1年。

 

桐生選手同様、児島くんも大学の2、3年は肉離れで散々悩み、

 

マイベストが更新できていない状態に苦しみもがいてたようです。

 

児島くん本人は多くは語りませんが、

 

体をチェックすると伝わってきます。

 

やはり、アスリートは挫折や壁があるからこそ強く太く成長できるのでしょうね。
 

今回予約の合間だったので、本当に少ししか話はできませんでした。

 

対話の中で、

 

「記録はすごかったです。」「さすがに早かったです。」という言葉ではなく、

 

感想を聞いて安心しました。

 

「体調がよかっただけに、記録を見て悔しかったです。。。」

 

と述べていました。

 

能力もそうですがマインドもすでにトップレベルの領域まできたのではないかと思います。

 

本気度合いが本当に嬉しい。

 

僕はこの強い思いが今後も彼の能力を押し上げてくれると思います。

 

「記録はもっともっと向上する!」

 

とトレーナーは確信しています。

 

絶対に!!

 

このようにわざわざ挨拶に来てくれる選手に関われて、

 

僕はとても幸せです。

 

選手としてでだけでなく人間的に厚みのある、

 

児島くんの将来が楽しみです。

 

 

 

実は今回のことで僕トレーナーマサも火がついたわけで、

 

僕は僕で、

 

トレーナーとしても考えもスキルも人間性も、

 

もっともっと磨いて後藤先生の尾っぽをつかみに行きたいと思います。。。

 

勝手にライバル心を燃やす(笑)

 

この愛知県から世界で活躍トップアスリートを排出できるようにトレーナーもがんばるぞ!!

 

 

 


【スポーツ選手・一般の方々と目標と感動を共有し、動きやすい体作りと健康をサポートします。あなたの専属パーソナルトレーナーとして生涯現役生活と一生スポーツを目指しコンディショニングを行っています。怪我や痛みからの復帰・改善を専門としているアスレティックトレーナーです。スポーツ専門トレーナーとこの地から世界へ本気で目指しているアスリートを応援します。愛知県岡崎市Medical ConditioN(メディカルコンディション)】

 

 

《メニュー》

スポーツコンディショニング、スポーツ整体、スポーツマッサージ、パーソナルトレーニング、ランニングやマラソンの動作分析、インソール(足底板)、大会帯同、専属トレーナー

 

 

 

 

〒444-0205

愛知県岡崎市牧御堂町水洗41−2

☎0564-73-6661

 

 

 

タグ:ホームページ作製

Please reload

特集記事

トライアスリート 韓国大会3位

September 20, 2018

1/9
Please reload

記事一覧
Please reload

アーカイブ