Blog

スポーツ指導に当たる親御さんへ(スポーツ指導者雑誌から)

Thursday, April 5, 2018

 

 

  愛知県岡崎市にあるボディケアジム、

スポーツ選手や働く人へ動きやすい体作りを提供させていただいています、

 

Medical ConditioN(メディカル コンディション)の代表トレーナー 、

 

コンディショニング兼ボディケア担当のMasaです。

 

 

 

 スポーツ指導者専門雑誌で、

 

愛知県出身のフィギュアスケート現役を引退した小塚選手の記事を目にしました。

 

現在は子供達のスケート指導にあたっているそうです。

 

小塚選手はインタビューでこんなことを語ってました。

 

 

初心者にしてみれば、

 

「できない」は当たり前のこと。

 

簡単にできるようなら、それはおそらく「できた!」の感動には繋がらない。

 

その連続によって競技は向上していく。

 

「できた!」の連続があったからこそ、

 

自身のスケート人生を振り返ると「楽しさそのもの」だと語ってました。

 

 

 伝え方や指導の仕方はさまざまです。

 

先日面白い指導方法を知りました。

 

スポーツをするのにも、勉強をするのにも親が伝えたり教えたりすることがあります。

 

ある一定のレベルまで達成してしまうと教えることは難しかったりしますよね。

 

難しいのにもかかわらず競技のポイントや練習内容に口を出したりしてしまって、

 

お子さんから反発をかうこともありますよね。

 

そんな時は一歩引いてみた指導もいいかと思います。

 

具体的には・・・

 

成長させるのに魔法の言葉

 

「わからないから、お父さん、お母さんに教えて。」

 

どんな風に問題を解決したの?

 

練習でうまくいったときどんな感覚だった?

 

 

こちらから指導するのではなく、

 

むしろお子さんにアウトプットや指導してもらうのです。

 

アウトプットや指導している時の方が頭の中で知識や思考の整理整頓が行われて、

 

学習になるのです。

 

”押してダメなら引いてみる”

 

これも一つの手かもしれません。

 

この方法には妙に腑に落ちました。

 

僕らも岡崎市内で名古屋や静岡県、岐阜県等他県から集まってトレーナーや治療家、

 

セラピストの勉強会をしています。

 

この勉強会の目的はアウトプットすることにあります。

 

指導している人が一番勉強になるということはすでにわかっているからです。

 

お子さんに勉強で解けた問題を聞いたり、

 

スポーツでいいところを評価し問題解決の方法を聞いたりするのも良い方法かもしれませんね。

 

 

 

 


【スポーツ選手・一般の方々と目標と感動を共有し、動きやすい体作りと健康をサポートします。あなたの専属パーソナルトレーナーとして生涯現役生活と一生スポーツを目指しコンディショニングを行っています。怪我や痛みからの復帰・改善を専門としているアスレティックトレーナーです。スポーツ専門トレーナーとこの地から世界へ本気で目指しているアスリートを応援します。愛知県岡崎市Medical ConditioN(メディカルコンディション)】

 

 

《メニュー》

スポーツコンディショニング、スポーツ整体、スポーツマッサージ、パーソナルトレーニング、ランニングやマラソンの動作分析、インソール(足底板)、大会帯同、専属トレーナー

 

 

 

 

〒444-0205

愛知県岡崎市牧御堂町水洗41−2

☎0564-73-6661

 

 

 

Please reload

特集記事

トライアスリート 韓国大会3位

September 20, 2018

1/9
Please reload

記事一覧

February 21, 2020

January 12, 2020

December 25, 2019

Please reload

アーカイブ