Blog

メンタル心理分析3《事例を交えて知った上でわかること》

Thursday, May 24, 2018

 

 

  愛知県岡崎市にあるボディケアジム、

スポーツ選手や働く人へ動きやすい体作りを提供させていただいています、

 

Medical ConditioN(メディカル コンディション)の代表トレーナー 、

 

コンディショニング兼ボディケア担当のMasaです。

 

 

 今回、僕のメンタル心理分析をしてみた結果を書きますね。

 

書き出すのは恐ろしく気が引ける部分はありますが、

 

あえて表記してみたいと思います。

 

この様な結果がでました。

 

下の矢印は僕のコメントです。

 

◆ 他人に気を使いますが、愛想の良い態度をとるのは苦手です。

→逆に言ったら可愛げない。

 

◆ 素直で生真面目で、心にも無い事を口にすることはできません。

→これこれ。良いのか悪いのか。全て本音。

 

◆ 心を許せる友人の前ではお茶目で甘えん坊な面を見せます。

→そうそう。ひたすら無邪気です(笑)

 

◆ 外では徹底した努力家で、独立独歩の精神で他人を頼りにしません。

→ちょっと違っているかも。いろんなことを自らやりたくなってしまうところはあります。

 

◆ 自尊心が強く負けず嫌で、妥協して自説を譲る事はしません。

→譲ると思うけどなぁ・・・

 

◆ 人にも厳しいですが、親分肌で面倒見がよく組織の統制力は抜群です。

→だからこそ、トレーナーがやれたり勉強会が主催できたりする。。。(超プラス思考)

 

◆ 実績や能力により公平に評価を下すので信頼度も高いです。

→そうなんだ。よくわからないけど。しかしながら嘘をつかれたりするのは嫌いだし、嘘つかれても言わないけど見抜く力はあるとは思います。基本、信頼は重要だと思っているので。。。

 

◆ ほめ言葉には弱いが、忍耐強く権威を重んじる堅実さを持ちます。

→忍耐強いかな。やり始めたことは大変でも結果が見えるまでひとまず続ける方かも。

 

◆ 分析的な考え方をするのが得意で、何事も白黒をはっきりさせます。

→これ、よくわからない。

 

◆ 能率的な仕事ぶりは、会計士や税理士などの数字の仕事向きです。

→そこまで賢くない。

 

◆ 自分のものさしを人に強要しなければより良くなるでしょう。

→いかんよねこれ。気をつけよう。

 

 

自分でもよくわからない部分もありますが、

 

だいたい当たっているかも。

 

僕のことをさらけ出した様で恥ずかしいですが概ね当たっています。
 

これは先日お伝えした、気質の中の気質の部分です。

 

いわばその人本人の本質の部分だったりします。

 

本質とは本当の自分だったり、外からのストレスもなく1人の時の自分を表します。

 

これによると本質的な性格がわかったり、

 

本音や戦略がわかります。

 

戦略は言い換えると目的とも言えるので、

 

例えばスポーツや仕事でコミュニケーションをとるときでは、

 

”スポーツではチームメイト、会社では取引先や上司に自分の気持ちを伝えたい!”

 

という場面の時に出てきます。

 

 

 

本質と一見の表面上は違ったり、将来なりたい像となる希望とはまた違います。

 

次回は僕は表面的にどの様に見られ方をするか、

 

書かせていただきますね。

 

 

 


メンタル心理分析、詳しくはこちらのページから。


【スポーツ選手・一般の方々と目標と感動を共有し、動きやすい体作りと健康をサポートします。あなたの専属パーソナルトレーナーとして生涯現役生活と一生スポーツを目指しコンディショニングを行っています。怪我や痛みからの復帰・改善を専門としているアスレティックトレーナーです。スポーツ専門トレーナーとこの地から世界へ本気で目指しているアスリートを応援します。愛知県岡崎市Medical ConditioN(メディカルコンディション)】

 

 

《メニュー》

スポーツコンディショニング、スポーツ整体、スポーツマッサージ、パーソナルトレーニング、ランニングやマラソンの動作分析、インソール(足底板)、大会帯同、専属トレーナー

 

 

 

 

〒444-0205

愛知県岡崎市牧御堂町水洗41−2

☎0564-73-6661

 

 

 

タグ:ホームページ作製

Please reload

特集記事

トライアスリート 韓国大会3位

September 20, 2018

1/9
Please reload

記事一覧

November 16, 2019

November 7, 2019

October 29, 2019

October 22, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload