Blog

選手とトレーナーの特別な1日。僕のやるべきこと。

愛知県岡崎市にあるボディケアジム、 スポーツ選手や働く人へ動きやすい体作りを提供させていただいています、

Medical ConditioN(メディカル コンディション)の代表トレーナー 、

コンディショニング兼ボディケア担当のMasaです。

今日はMCがある三河地区で、

中学校総合体育大会がありました。

MCでサポートしていた中学校三年生の陸上選手が復帰戦として出場しました。

一年半ほど前から原因不明の関節痛と筋肉痛に襲われて、

走るたびに症状が悪化していました。

整形外科では原因不明とされて鎮痛剤の投薬のみ。

接骨院で治療していては症状は改善するものの、

なんども痛みがぶり返していました。

来院当初は走るどころか階段の上り下り等、

日常生活ですら支障をきたしていました。

症状がこじれているとやはり症状の改善や回復には時間がかかります。

また、これだけ転院を続ければ当然なのかもしれませんが、

本人は半ば復帰を諦めていました。

特徴としては走る動作もバラバラ、姿勢も崩れていて、

身体の柔軟性の低下と共に、不思議な筋肉のつき方をしていました。

二関節筋がかなり発達していました。(通常、アウターマッスルといわれるような場所)

まずはそれら二関節筋の緊張を緩めることから徹底していきました。

続いて走るのに必要な関節の可動域、

特に足関節と股関節周囲は徹底的に柔軟ストレッチを行いました。

やるべきことは多く施術も手間取り、道のりは本当に長かったです。

今回、中学では総体メンバーになんとか選出。

本日5月26日土曜日にいよいよ復帰戦。

結果から言うとタイムは出場選手の中では平均的で、

決勝レースには残れませんでした。

レース後、

選手に会いに行ってきました。

まさかトレーナーが会場に来ているとは思っていなかった様で驚いていました。

会った時、本人の表情は結構満足そうでした。

実は中学1年の時の結果と比べて、自己ベストを大幅更新していたのです。

また何より走れることの喜びと、

痛みなく走れたことで成功体験の積み重ねにより自信になったのでしょう。

復帰戦は結果に拘らずこれぐらいでいいのです。

まだまだ走りたいな!

楽しいな〜!

と感じることが成長やパフォーマンスアップには一番重要なのです。

これで高校の部活につなげれそうです。

すごく難解な症状でしたが、

トレーナーが諦めず本当によかった。

「挑戦しているうちはいつまでもユニホームを着させてあげたい!」

そう心底思いました。

トレーナーの反省点としては、

時間がかかりすぎてしまいました。

ますます考察を深めれれる様に、

さらにスピードをあげて治療スキルを向上できるように勉強しないといけません。

日曜日もセミナーに行ってきます。

【スポーツ選手・一般の方々と目標と感動を共有し、動きやすい体作りと健康をサポートします。あなたの専属パーソナルトレーナーとして生涯現役生活と一生スポーツを目指しコンディショニングを行っています。怪我や痛みからの復帰・改善を専門としているアスレティックトレーナーです。スポーツ専門トレーナーとこの地から世界へ本気で目指しているアスリートを応援します。愛知県岡崎市Medical ConditioN(メディカルコンディション)】

《メニュー》

スポーツコンディショニング、スポーツ整体、スポーツマッサージ、パーソナルトレーニング、ランニングやマラソンの動作分析、インソール(足底板)、大会帯同、専属トレーナー

〒444-0205

愛知県岡崎市牧御堂町水洗41−2

☎0564-73-6661

特集記事
記事一覧
アーカイブ
タグ
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
RSS Feed