プレッシャー

愛知県岡崎市にあるボディケアジム、 あなたの夢の実現を全力でサポートする Medical ConditioN(メディカル コンディション)のアスリートトレーナー・パフォーマンス向上担当のMatchです! 

先日、ソフトボールの一般男子の愛知県予選という、優勝すれば全国大会に行ける大会がありました! その試合をやり終えて、プレッシャーのせいで本来持っている力を出せなかったのかなと思うことがあったので、ソフトボールだけではなく様々な場面でかかってくるプレッシャーと上手く付き合う参考に少しでもなればと思い、書きたいと思います^_^ まず試合の結果で言うと、6対4で負けてしまいました(T-T) 結果が全てなのですが、こっちのエラーも目立ちましたし、満塁と言う場面を作りながらも得点に繋げれなかった辺りが大きな敗因だと思います。 そして僕がこの試合で1番プレッシャーと言うか、気負いみたいなのを感じたのが、最終回にワンナウト満塁と言うチャンスになったのですが、ショートゴロでゲッツーという悔しい結果になってしまった場面です。 この時の打者が、 何がなんでもゴロを打たないといけない。 と、気負い過ぎてスイングに思い切りがなくなってしまっていました。 たらればの話にになってしまいますし、この場面だけのせいでもないのですが、 ここでもし気負う事なくいつも通りのスイングができていれば、違う結果になっていたかも知れません👀 このようにプレッシャーや気負いで普段通り身体や頭が動かないような場面がでてくる可能性は十分にあり得ます。 ではどうすればプレッシャーや気負い過ぎに負けないようになれるか、すぐできて1番簡単な方法を紹介します! それは笑顔! 


笑顔を作れば不思議と身体の力みが抜けてきます^_^

あるTV番組では、笑顔の時と真顔の時とで、100メートル走と、ピッチングの球の速度の違いを測定し、笑顔の時の方が良い結果が出たそうです!

笑顔ならいつでもどこでも作れるので、みなさんもここぞという時に緊張したらまずは笑顔を作ってみてはいかがでしょうか?😁