Blog

陸上選手の場合(コンディショニング・トレーニング)

 

 

  愛知県岡崎市にあるボディケアジム、

スポーツ選手や働く人へ動きやすい体作りを提供させていただいています、

 

Medical ConditioN(メディカル コンディション)の代表トレーナー 、

 

コンディショニング兼ボディケア担当のMasaです。

 

 

 

 MCに通院される選手の中で比較的多い競技が、

 

陸上選手かダンサーです。

 

ダンサーは紹介者が多いということがあります。

 

陸上は競技者が多いということもありますが、

 

比較的身体のストレスが一箇所に集中しやすいというのが特徴です。

 

そのため、MC来院のきっかけは痛みや怪我という場合が多いです。

 

陸上は走る、投げる、 跳ぶの動作がメインとなります。

 

点数競技ではなく誰が一番早かったか、誰が一番飛んだかが競技のポイントなので勝敗が明確ですよね。

 

 

僕だったら”緊張で耐えられません”

 

一発勝負ってすごい緊張感ですよ。

 

この緊張感がいいと選手たちは口々にいいますが。。。

 

 

陸上競技は動きが単調になりやすいんです。

 

そのぶん、身体のストレスがかかる場所が決まってきて、

 

急性外傷や慢性障害のもとになります。

 

 

 先日も陸上短距離選手が来院されました。

 

元々は繰り返す肉離れからはじまりました。

 

今でも大会前は練習が積み重なり、疲労がたまり筋肉が硬くなったり、

 

骨格にひずみがあるためうまいこと力が出せなくなることがあります。

 

その場合、身体のメンテナンスをします。

 

 

 それ以外はトレーニングとコンディショニングメニューを行います。

 

体幹・体軸を作り走りやすくしたり、

 

走る筋肉のバリエーションを増やし、刺激を入れていきます。

 

 

そうすることで競技の要素は一見”走る”というだけですが、

 

パフォーマンスや競技全体に厚みが出てきます。

 

ハイレベルになればなるほど、

 

実は走りこむだけのトレーニングだけでは足りないのですね。

 

 

 

 また、足を早くするという結果を出すには必要なエクササイズがあります。

 

シングルレッグジャンプ能力が上がると、加速したあとのトップスピードが向上します。

 

ダブルレッグジャンプ能力が上がると、スタートのスピードが向上します。

 

タイソンゲイ選手もこの要素を入れて、

 

競技前にウォーミングアップしてましたね。

 

これらの要素にさらにビートを合わせて、

 

ステップのタイミングやバリエーションを増やしていきます。

 

 

 めちゃくちゃハードだけど、このトレーニング楽しいです。

 

 

 

次のシーズン、選手がどう変わっていくかトレーナーとしても楽しみです。

 

怪我なく、ともに戦い抜き結果を出していきましょう!!

 

 


【スポーツ選手・一般の方々と目標と感動を共有し、動きやすい体作りと健康をサポートします。あなたの専属パーソナルトレーナーとして生涯現役生活と一生スポーツを目指しコンディショニングを行っています。怪我や痛みからの復帰・改善を専門としているアスレティックトレーナーです。スポーツ専門トレーナーとこの地から世界へ本気で目指しているアスリートを応援します。愛知県岡崎市Medical ConditioN(メディカルコンディション)】

 

 

《メニュー》

スポーツコンディショニング、スポーツ整体、スポーツマッサージ、パーソナルトレーニング、ランニングやマラソンの動作分析、インソール(足底板)、大会帯同、専属トレーナー

 

 

 

 

〒444-0205

愛知県岡崎市牧御堂町水洗41−2

☎0564-73-6661

 

 

 

タグ:ホームページ作製

Please reload

特集記事

トライアスリート 韓国大会3位

September 20, 2018

1/9
Please reload

記事一覧

December 9, 2019

December 1, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload