あなたのトレーナーは本当に身体のことを勉強した方がサポートしてますか?

知らないは危険!

理由

  近年、無資格者のスポーツトレーナーにより怪我や障害の訴訟は増えています。

ご自身の身体に関わることです。さらには健康分野に身を委ねるわけですから、なおさら知る必要があります。無資格トレーナーが悪いと言っているわけではありません。中にはとても勉強されているトレーナーさんもいらっしゃいます。

 

①国家資格者であること。

 

②厳しい教育を受けてきたということ。

(資格更新のために、休日も厳しい教育を受けつづています。)

③人を触るお仕事する上で、自賠責保険に加入していること。

※これらの3条件を一度、何気なく担当トレーナーさんやインストラクターさんに伺ってみてください。