Blog

スノーボーダー症候群のチェックポイント〜膝から下編〜

こんにちは。

愛知県岡崎市にあるボディケアジム、

Medical Condition(メディカル コンディション)の代表トレーナー安藤雅人です。

今回は前回の下肢編に続き、

スノーボーダー症候群のチェックポイント

〜膝から下編〜です!!

んん?と思った方!!そーです。

しっかりと読んでいただいている証拠ですね。

ありがとうございます。 本来は予告通り、

障害予防や動きの〜改善編〜を書くつもりでしたが、

まだ、大切なことがあったので書き記したいと思います。

気まぐれですいません・・・

※基本レギュラースタンスで滑る方を基準にして書いています。

1.立った状態での膝の動きについて

立った状態で片足立ちで、

膝を曲げます。

スクワットの片足バージョンと同じです。

この姿勢を観察してみます。

するとこんな状態になっていませんか?

膝が内側に入ってしまう状態。

両方やってみます。

左右差があったり、のように過度に内側に入ってしまったりするのは良くないです。

主にレギュラースタンスの方だと右側に多いのが特徴的です。

日常では人間は基本的に重力に打ち勝つために、

スネの骨は床に対して垂直化する必要があります。

これが板を履いて体幹の回旋を加えると、

状況が変わり下の写真のように、

右スネを倒すことが可能になります。

さらにスノーボードはいつの時もワクワクと恐怖心と入り混じります。

怖さが勝ると、

重心は必ず後方に移動します。

例えば、スノーボードでジャンプ着地等、

青色の矢印のようにものすごい大きな力が上から加わると、

膝が”パキッ”と変な方に折れ曲がる感じが容易にわかると思います。

それと重心が後方に行く人は、

ほぼ回旋軸も青色の矢印のあたりを通るように、

後方(レギュラーだと右側)になっていることが多いです。

これだとジャンプの抜け(アプローチ〜キック層)は安定せず、

まくられたり、

ジャンプ中に体幹をくねらせてツーローテションしたり、

ランディングで合わせれなかったり、

デメリットは多いです。

それともう一つ。

2.スネから足の動きについて。

これもチェックしてみてください。

膝が内側に入る方、

入っているかわからない方でも、

椅子に座った状態で、

足首をめいいっぱい反って、

つま先を内側に向けます。

すると下の写真のように後方の足(レギュラーだと右側)は、

つま先が内側に向きにくいのが特徴です。

特徴と言ってもこのような差は、あってはダメです!!

雪面への力の伝達やグーフィースタンス姿勢が取りづらかったり、

それどころか、怪我や障害の原因になります。

2016年は、

みなさんに素晴らしいウィンターシーズンを!!

次回はスノーボードやスキー、クライミングやサーフィン等

エクストリームスポーツの敵、

今日出た”恐怖心のコントロール”について書きます。

【スポーツ選手・一般の方々と目標と感動を共有し、動きやすい体作りをサポートします。生涯現役生活と一生スポーツを目指しコンディショニングを行っています。岡崎市Medical Condition(メディカルコンディション)】

特集記事
記事一覧
アーカイブ
タグ
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
RSS Feed