リカバリーの質を上げる 『睡眠と光』

愛知県岡崎市にあるボディケアジム、 スポーツ選手や働く人へ動きやすい体作りを提供させていただいています、 Medical ConditioN(メディカル コンディション)の リカバリー兼パフォーマンスアップ担当のSHOです。 皆さんこんにちは!! 前回に続いて、リカバリーの質を上げる睡眠についてお伝えします。 若干タイトルが変わってきますが、、、許してください笑 ブログの趣旨は変わりありません!! 第2回目 睡眠と光について具体的な生活のポイント をお伝えします。 今回は アスリートやスポーツ愛好家だけでなく、 お子さんの寝つきが悪いとお悩みの親御さん 寝起きの頭がぼーっとするサラリーマンの皆さん にも必見の内容ですよ!! その前に前回のおさらい 夜の過ごし方として大事なのは ★深い睡眠を摂るためには睡眠ホルモンであるメラトニンをしっかり出すことが重要 ★夜間の光刺激が睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を阻害する ★夜間の生活空間での光の強さはLEDでは光が強すぎる、就寝時は豆電球が限度 とお伝えしました。覚えていたでしょうか? それでは、本題の具体的な生活のポイントをご紹介します ズバリ! ①22時以降は部屋の照明を暗くする 前回お伝えしましたが、夜間の強い光がメラトニン分泌を抑制してしまいます。 そのため、まずはメラトニン分泌を阻害しない程度の光の強さにすることが重要なんですね。 しかし、夜間は眠るだけではなく、リラックスや家族の団らんなど家庭生活を営んでいますよね。 そのため具体的には、生活できる程度の暗さまで照度を落とすことでメラトニン分泌を促します。 どのくらいの

攻めの睡眠 光と睡眠の関係

愛知県岡崎市にあるボディケアジム、 スポーツ選手や働く人へ動きやすい体作りを提供させていただいています、 Medical ConditioN(メディカル コンディション)の リカバリー兼パフォーマンスアップ担当のSHOです。 皆さんこんにちは!! 今回から一般の方、アスリート問わず知ってほしいリカバリーを目的とした『攻めの睡眠』についてシリーズでお伝えしていきます。 第1回目は光と睡眠についてお伝えします。 リカバリーを考える上で睡眠の質は非常に重要です。 そして質の高い睡眠を摂るために、光をコントロールすることが非常に重要なんですね。 突然ですが、以下の生活習慣についてあてはまる場合は、睡眠の質が低下している可能性があります。皆さんもチェックしてみてください。 □ 夜眠る直前~10分ほど前までスマホ操作やテレビ鑑賞している □ 寝室の照明は白色LEDである □ 居間の照明は全灯にしている □ 21時以降でコンビニやスーパーなどに行くことが多い □ 就寝時はテレビにタイマーをかけて眠る □ 就寝時に照明を消さない 皆さんいかがでしたか? これらの項目に一つでもチェックが当てはまる場合 睡眠の質が低下している!!!!可能性があります。 皆さんも一度は聞いたことがあるかもしれませんが、眠る直前の光への刺激は睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を阻害します。睡眠時の夜間のメラトニン分泌は睡眠に最も大事な要素です。 では、どのくらいの明るさで阻害されるかというと ・コンビニ・スーパー  → × ・会社オフィスの電球  → × ・自宅居間の照明LED  → × ・自宅居間の照明電球色 

特集記事
記事一覧

アーカイブ

タグ

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square