Blog

根本治療を考えさせられる。

Wednesday, June 22, 2016

 

 

 

愛知県岡崎市にあるボディケアジム、

スポーツ選手や働く人へ動きやすい体作りを提供させていただいています、

 

Medical Condition(メディカル コンディション)の代表トレーナー安藤雅人です。


 

 

 

 こんにちは。

 

今日は利用していただいているクライエントさんの紹介です。

 

某企業の社長さんで、元々サッカーをやっていました。

 

サッカーの影響か、膝がグラつき不安定になっていました。

 

それと極度の腰痛。

 

ギックリ腰のような急激な腰痛を繰り返していたそうです。

 

膝に不安感があり、腰痛がヒドイ!!

 

このようなパターンはとても多いと思います。

 

この方は症状がひどく、最初は週に1回ずつの来院。

 

現在は月に1度の来院。

 

継続的なケア ➕ 指導したセルフトレーニング によって、

 

アライメント(骨の配列)が整い、

 

今では痛みや違和感がでるどころか、

 

疲労が出なくて動きやすいとおっしゃってくれています。

 

僕自身、病院業務時代には感じたことないぐらいの手応えがあります。

 

リハビリでケアして症状が改善しても、また痛みが残る、戻る。

 

こんな経験ないですか?

 

僕自身、トレーナーとしてケアする側ですが、このような経験があります。

多くの患者さんをこのような状態に陥らせてしまった経験があります。

 

この社長さんの場合、

 

今のところ月に1回のケアのみですが、体の歪みやズレの戻りはでないです。

 

※写真掲載許可をいただいて、はじめに筋肉を緩めているところ。


 

繰り返していた腰痛どころか、

 

日常生活の癖からズレまで改善したので、

 

僕自身驚いて投稿してしまいました。

 

これが根本治癒というものだろうか。。。

 

 

 

最近、気づいたことがあります。

 

1.全身をケアする必要がある → 痛みを出しているところだけをケアしても改善しない。

 

2.継続的に個々に必要なセルフトレーニングを入れることが大切。 → 継続的にトレーニングを行うことで動かしやすく使いやすい体になる。

 

3.運動器(筋肉や骨、靭帯)だけのケアだけでは癖は抜けない。→ やはり脳に覚えこませることは大切(無意識的に)。

 

 

 

整体や接骨院、治療院をぐるぐると回れるクライエントさんも、

 

1 と 3 はオリジナルの特殊な治療法で見たことがないと言われるような方法ですが、

に関しては誰にでもできて、

 

簡単に行えて、

 

しかも即時的に効果が実感できるトレーニングです。
 

最近はトレーニングは腕立てとかは NG で体は動かしにくくなる感覚があります。

 

先日も腰痛がヒドイ、ラグビー選手と関わることがありました。

 

同じようなパターンで治療していたったら、痛みがズッコっと取り除けました。

 

セルフトレーニングにはコツがあるのでお伝えします!!

 

 

 


【スポーツ選手・一般の方々と目標と感動を共有し、動きやすい体作りと健康をサポートします。生涯現役生活と一生スポーツを目指しコンディショニングを行っています。愛知県岡崎市Medical Condition(メディカルコンディション)】

 

 

Please reload

特集記事

トライアスリート 韓国大会3位

September 20, 2018

1/9
Please reload

記事一覧
Please reload

アーカイブ
Please reload