Blog

情熱系トレーナー vs  情熱系ダンスパフォーマー

Thursday, May 31, 2018

 

 

  愛知県岡崎市にあるボディケアジム、

スポーツ選手や働く人へ動きやすい体作りを提供させていただいています、

 

Medical ConditioN(メディカル コンディション)の代表トレーナー 、

 

コンディショニング兼ボディケア担当のMasaです。

 

 

 

 僕自身、ダンスのレッスンを受けに行くぐらい、

 

ダンスには最近興味があります。

 

何と言ってもカッコイイですから!!

 

最近は子育てもありタイミングが難しくいけない日も多いですが。。。

 

(タイミングというのは嫁さんの心のタイミング・笑)

 

 

 ご紹介でダンサーのクライエントさんが増えています。

 

その中の1人の方を紹介したいと思います。

 

今年の春、

 

痛みでまともに踊れなかったHさん。

 

 

 

一ヶ月後にダンスレッスンのために、

 

本場アメリカのロサンゼルスに行く彼女。

 

身体をなんとかしたいということからボディメンテナンスをはじめました。

 

動いていない関節、

 

硬くなった筋肉による柔軟性低下、

 

慢性疲労からの可動域制限、

 

アライメント(骨の配列といったり姿勢といったり)の崩れ等たくさんありました。

 

とは言え、ダンスに対して本気すぎる彼女。

 

指導させてもらう内容はとことんやってきてくださいます。

 

まるで、アスリートのようです。

 

 

 

MCで指導させていただいているエクササイズやトレーニングは即効性があるのですが、

 

実は長期的にやればやるほどより効果が実感できます。

 

まずは2週間ほどとことん行なってみてください。

 

しかし、途中でやめてしまったり、

 

痛みがなくなり、痛みを忘れて悪い習慣を繰り返せばまた悪化します。

 

競技やスポーツを継続して行く上では、

 

自分の弱点となる部分を理解し、

 

リカバリー習慣をつけることも必要です。

 

 

 

しっかり自身に向き合いリカバリー習慣をつけて、

 

体得するのがとても上手な方がこのHさん。

 

徹底的にエクササイズを行なってくれます。

 

 

 

10日前に来られた時には、

 

「次のダンス大会で必要なこの動きをしたい!」

 

というポーズがありました。

 

どうしても首から肩甲骨そして胸への運動連鎖の崩れがあり、

 

大会まで2ヶ月、間に合わないかと思いました。

 

しかし、指導させていただいたことは、とことんやってきてくれます。

 

先日来られた時は、

 

「見てください!動くようになりまりました!!」

 

と見せてくださいました。

 

 

あまりにも動きが出ていて驚きました。

 

もう少し動きがでそうなところがあるので、

 

さらに完成度を高めていければと思います。

 

真剣で気持ちのアツい方との仕事は本当に面白いです。

 

 

僕はアツ苦しいと言われます。

 

トレーナーMasaから情熱を取ったら何も残らないのはわかっています・汗

 

このクライエントさん、Hさんも情熱があり、

 

セッションはいつもアツくなり過ぎてし時間を忘れてしまいます。

 

あぁ〜楽しい!!

 

 

 

※パッションブログを書かれている、

 

岡崎市で活動中のダンサーハギノさんのブログはこちらから。

 

 


【スポーツ選手・一般の方々と目標と感動を共有し、動きやすい体作りと健康をサポートします。あなたの専属パーソナルトレーナーとして生涯現役生活と一生スポーツを目指しコンディショニングを行っています。怪我や痛みからの復帰・改善を専門としているアスレティックトレーナーです。スポーツ専門トレーナーとこの地から世界へ本気で目指しているアスリートを応援します。愛知県岡崎市Medical ConditioN(メディカルコンディション)】

 

 

《メニュー》

スポーツコンディショニング、スポーツ整体、スポーツマッサージ、パーソナルトレーニング、ランニングやマラソンの動作分析、インソール(足底板)、大会帯同、専属トレーナー

 

 

 

 

〒444-0205

愛知県岡崎市牧御堂町水洗41−2

☎0564-73-6661

 

 

 

Please reload

特集記事

トライアスリート 韓国大会3位

September 20, 2018

1/9
Please reload

記事一覧

November 7, 2019

October 29, 2019

October 22, 2019

October 15, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload