変形性膝関節症や半月板損傷の正座ができるかできないか。

愛知県岡崎市にあるボディケアジム、 スポーツ選手や働く人へ動きやすい体作りを提供させていただいています、

Medical ConditioN(メディカル コンディション)の代表トレーナー 、

コンディショニング兼ボディケア担当のMasaです。

突然ですが問題です。

変形性膝関節症や半月板損傷がある場合、

正座ができるでしょうか?

かなりの方が諦めてしまうのではないでしょうか。

変形のグレードや損傷タイプ、程度にもよりますが、

症状が中程度まででしたら結構な確率で正座ができるようになります。

特に整形外科や接骨院で、

”主に膝を中心に治療してきたが、正座ができませんでした。”

というパターンの場合は特にうってつけです。

水を抜いたり、

ヒアルロン酸注射をしたり、

電気治療やストレッチ、痛み止めを服用しても変わらない方。

もしくは膝周りのツッパリ感・筋肉の硬さが変わらなかったという方は、

おそらく根本の原因は膝にありません。

先にしっかりと膝に対して治療を施してくださったので、

痛みの局在は膝にあっても、原因は膝周囲ではないことがわかります。

同じようたパターンで来られた方々です。