Blog

変形性膝関節症や半月板損傷の正座ができるかできないか。

愛知県岡崎市にあるボディケアジム、 スポーツ選手や働く人へ動きやすい体作りを提供させていただいています、

Medical ConditioN(メディカル コンディション)の代表トレーナー 、

コンディショニング兼ボディケア担当のMasaです。

突然ですが問題です。

変形性膝関節症や半月板損傷がある場合、

正座ができるでしょうか?

かなりの方が諦めてしまうのではないでしょうか。

変形のグレードや損傷タイプ、程度にもよりますが、

症状が中程度まででしたら結構な確率で正座ができるようになります。

特に整形外科や接骨院で、

”主に膝を中心に治療してきたが、正座ができませんでした。”

というパターンの場合は特にうってつけです。

水を抜いたり、

ヒアルロン酸注射をしたり、

電気治療やストレッチ、痛み止めを服用しても変わらない方。

もしくは膝周りのツッパリ感・筋肉の硬さが変わらなかったという方は、

おそらく根本の原因は膝にありません。

先にしっかりと膝に対して治療を施してくださったので、

痛みの局在は膝にあっても、原因は膝周囲ではないことがわかります。

同じようたパターンで来られた方々です。

来院当初は膝に水を溜められてこられました。

痛みで歩くことが困難ということでした。

整形外科で水を抜いてもらいリハビリを受ける日々でした。

正座は長らくできておらず、

法要時は正座時にお尻をあげる座椅子等を使っていたり、

腰掛けを使っていたそうです。

次のブログでお二方のように、

膝の痛みを出す根本原因を、

最近見つけることができました!!

次回のブログで正座ができるようになった理由と、

正座ができるようになるためのチェックポイントを紹介いたします。

【正座できるようになるための治療シリーズ】

変形性膝関節症や半月板損傷の正座ができるかできないか。vol.1

変形性膝関節症や半月板損傷の正座ができるかできないか。vol.2

【スポーツ選手・一般の方々と目標と感動を共有し、動きやすい体作りと健康をサポートします。あなたの専属パーソナルトレーナーとして生涯現役生活と一生スポーツを目指しコンディショニングを行っています。怪我や痛みからの復帰・改善を専門としているアスレティックトレーナーです。スポーツ専門トレーナーとこの地から世界へ本気で目指しているアスリートを応援します。愛知県岡崎市Medical ConditioN(メディカルコンディション)】

《メニュー》

スポーツコンディショニング、スポーツ整体、スポーツマッサージ、パーソナルトレーニング、ランニングやマラソンの動作分析、インソール(足底板)、大会帯同、専属トレーナー

〒444-0205

愛知県岡崎市牧御堂町水洗41−2

☎0564-73-6661

特集記事
記事一覧
アーカイブ
タグ
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
RSS Feed