Blog

暑い時期に突入!手足の冷却で運動パフォーマンスのアップ!!

Saturday, June 9, 2018

 

 

  愛知県岡崎市にあるボディケアジム、

スポーツ選手や働く人へ動きやすい体作りを提供させていただいています、

 

Medical ConditioN(メディカル コンディション)の代表トレーナー 、

 

コンディショニング兼ボディケア担当のMasaです。

 

 

 これからの時期、

 

暑さにより体のコンディションを保つのが大変になってきます。

 

その結果、疲労蓄積により怪我や身体の故障も増えてきます。

 

体内に熱がこもると運動レベルは低下しますし、

 

運動意欲や仕事や勉強への集中力は下がってきます。

 

これではスポーツやダイエットを行なっている方には致命的です。

 

”手足の冷却が運動パフォーマンスを向上させる”ことが、

 

近年の研究発表でわかりました。

 

筋力・競技能力・ダイエットのカテゴリーに分けて記載します。

 

 

 

 

 

《筋力的には》

 

対象は男子学生67人で調査した結果を報告します。

 

高温環境で自転車運動を30~45分、

 

A.手のひらを冷やしながら行った場合

 

B.冷やさずにおこなった場合

 

二つのグループに分けました。

 

その後のベンチプレス運動における運動量を比較。

 

Aの手のひらを冷やしたグループは深部体温が低く保たれ、

 

ベンチプレスの運動量も多くなった。

 

筋肉の持続力と出力が上がったとも言えます。

 

スポーツ練習時では、持続力と出力が向上することで長時間練習が可能になり、

 

質の高い練習が集中してできる可能性があります。

 

 

 

 

 

《競技能力up》

 

また、スポーツパフォーマンスが向上することもわかりました。

 

コンディショニングの第一人者であるアメリカのStanford大学のCraig Heller教授によると、

 

手のひらを冷やすことによって大リーグの投手のボールコントロールまで良くなったという結果がでました。

 

筋力の出力や運動持久力のみならず、

 

スキルアップまで期待できるとは本当に驚きです。

 

世界トップレベルのさまざまなスポーツチームでは、

 

すでにこのような取り組みをしているそうです。

 

運動前や運動中の手のひら冷却を取り入れていれているところがいくつもあるようです。

 

 

 

 

《ダイエットには》

 

実はこの方法はアスリートだけでなくダイエットをしている方にも効果的なようです。

 

例えば、手のひら冷却法を利用することで、

 

日頃運動不足だったり、デスクワーカーで肥満女性の運動能力が向上したという試験結果もあります※1。 

 

身体のコンディションを整えたい、

 

ダイエットがしたいといった目的の場合で行う運動の効果を高められる可能性があるようです。

 

 

 

《アプローチ方法》

 

運動前にオススメの冷却法を紹介します。

 

無理なく手をつけていられる程度の冷たい水(10~15℃)を準備します。

 

その水に5~10分、手をつけておくだけ!!

 

 

注意:氷水は冷却効果が高すぎて、交感神経優位になるため血管を収縮させます。

 

その結果、酸素を運ぶ血液の流れを低下させてしまうので好ましくありません。

 

筋肉をスムーズに収縮させるのには酸素は栄養源となりますから。

 

 

 

 

実際にスポーツ現場や自宅で取り入れるには、

 

例えば、部活の昼休憩にアイスバス(氷を入れない)を用意し、手足を入れながら休むとか。

 

川が近くにあれば、フリータイムに手足をつけるとか。

 

また、ダイエットの方は自宅で水バケツを準備しておいて、トレーニング合間に手をつけるとか。

 

運動後は水風呂に入ることもいいかと思います。

 

MCでは、足湯ではないですが手水・足水でも準備しようかな。。。

 

いい方法ないかな。。。

 

なにかいいアイデアをぜひ提案ください♪

 

 

 

《熱中症にも》

 

熱中症になった場合に深部体温をさげるために、

 

対策として今まで首筋や脇の下・鼠径部等の太い血管を冷やしてきましたが、

 

あまりにも血流が早いがために冷却能力が疑問視されてきました。

 

実は抹消の血流に対しては”ラジエター”のような機能があり、

 

手足を冷やした方が効果的だということも研究データでわかってきました!!

 

 

 

ラジエター機能がある手足を水につけることの重要性。

 

土曜日は最高気温31℃と気温が高かったですが、

 

外に出て遊んできました。

 

子供と一緒に砂場で遊んでいると汗は止まりません。

 

(遊ぶ時は一緒に遊ぶ。意外と子煩悩なトレーナー・笑)

 

しかし、水はぬるかったですが水場で足だけつけて走り回っていても、

 

不思議と汗は対してかきません。

 

 

 このラジエター機能。

 

人間ももともと水中の中にいた生物。 

 

その時の名残とかあったりするのでしょうか。

 

使わない手はないです。

 

 

 

◎写真等、著作権は全てクリアされているものを使用しています。

 

※1 Epidemiology and Prevention/Physical Activity, Nutrition and Metabolism 2012 Scientific Sessionsにて米国Stanford大学(当時)のStacy Simsらが発表(Circulation. 2012;125:AMP016)

 

※参考サイト:コンディショニング研究会:手のひらを冷やすだけで、パフォーマンスが上がる!! ~私のおすすめコンディショニング

 

 


【スポーツ選手・一般の方々と目標と感動を共有し、動きやすい体作りと健康をサポートします。あなたの専属パーソナルトレーナーとして生涯現役生活と一生スポーツを目指しコンディショニングを行っています。怪我や痛みからの復帰・改善を専門としているアスレティックトレーナーです。スポーツ専門トレーナーとこの地から世界へ本気で目指しているアスリートを応援します。愛知県岡崎市Medical ConditioN(メディカルコンディション)】

 

 

《メニュー》

スポーツコンディショニング、スポーツ整体、スポーツマッサージ、パーソナルトレーニング、ランニングやマラソンの動作分析、インソール(足底板)、大会帯同、専属トレーナー

 

 

 

 

〒444-0205

愛知県岡崎市牧御堂町水洗41−2

☎0564-73-6661

 

 

 

Please reload

特集記事

トライアスリート 韓国大会3位

September 20, 2018

1/9
Please reload

記事一覧

February 21, 2020

January 12, 2020

December 25, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload